日常を垂れ流しているだけのMHF-G中心の日記。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

朝でも昼でも夜でもない

2008-10-23 Thu 22:46
IMG_1883.jpg
今朝、コンビニに買い物に行った時、偶然近所のサツマイモ畑で見たもの。
一面にサツマイモの花が咲いていました。
雨だったのがちょっと残念。
クリックすると大きな画像で見れます。


花の形を見るとある植物にそっくりです。
そう、アサガオですね。
サツマイモとアサガオはヒルガオ科に属する親戚関係(と言ってもかなり遠縁ですが)な植物です。
ヒルガオ科は大きく分けて、ヒルガオ属、アサガオ属、サツマイモ属に別れます。
(最近の研究では、アサガオ属とサツマイモ属の一部とイポメア属をまとめてイポメア属とする説もありますが、詳しいことは忘れたので割愛)
関係ないですが、ヨルガオはサツマイモ属です。
関係ないついでに。よく間違われますがユウガオはウリ科です。

また、西洋アサガオの名で知られるヘブンリーブルー(和名:ソライロアサガオ)は
サツマイモ属でアサガオとはかなり遠縁だったりします。
おまけに現在までアサガオとの交雑成功例はありません。


本州では中々見れないサツマイモの花ですが、南九州以南だと普通に観る事が出来ます。
何故本州で見れないかと言うと、
これはサツマイモは短日条件下である程度株が弱らないと花を咲かせないからです。
また生育温度は20℃以上必要です。
本州でこの条件が揃う頃は、もう気温が20℃を下回ってるので枯れてしまいます。
故に本州では幻の花と言えます。

因みに、アサガオもサツマイモと同じく短日が開花の要因になりますが、
サツマイモ程は鈍感では無いので、少しの短日変化で開花します。
一説には多年草と一年草の違いなのでは?と言われています。
根を肥大化させる事により、冬を乗り越え何年も自分の世代を維持出来るサツマイモと違い、
アサガオは一度発芽してしまうと、冬が来る前に大忙しで次の世代を用意しなければいけません。
そのためアサガオはサツマイモ以上に短日に敏感に反応すると言われています。
まあ、アサガオは花を見るもの、サツマイモは食べるものですから、
観賞面からアサガオには早く咲いても貰わなければならないので、
早く咲くものを厳選されてきた結果。とも言えるかもしれません。

本州で見ることが難しいとされるサツマイモの花ですが、
ここ近年の地球温暖化で気温が上昇傾向にあるので、本州でも探せば見られるかもしれません。
数年後には当たり前のように見れるかもしれませんね。
そんな未来が来ないよう願わんばかりです。
スポンサーサイト
別窓 | 箱庭 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

夏ですが

2008-07-12 Sat 17:01
IMG_1801.jpg

八重咲のオニユリが咲きました。
雄しべが花弁に、雌しべが蕾になっています。
そのため、花の中から花が咲くって感じ。面白いなぁ。

オニユリは茶碗蒸しに入っている百合根の品種です。
まあ、今はコオニユリに切り替わっているので、滅多に食べる機会は無いですが。。。


昨日、茶道部の打ち上げに乱入してきました(何
ちょうどウチの部屋の向かえが会場だったんで、酒と杯を持って友人K&部長と突撃。
静かに呑む酒もいいけど、こうやってワイワイ呑む酒もいいね。
てことで、今日はウチらの所属サークルである観植研の七夕打ち上げです(ぉ

この前開けた日本酒を持っていこうかな。
あっさりしていて、呑みやすかったです。


8月10日にぼ~るぱ~くオフがありますが、出ようか出まいか考え中。
8月はちょっと色々出かけたいんですよね。
試験終了が8月の第一週。
16日は隆行さんとゆみさんの所へ遊びに(予定)、あと地霊殿を買いに行きたい。
31日は日比谷公園での朝顔展に行くつもり。
9月は研修で丸々埋まっているから無理。
そして、出雲大社、諏訪大社、清水寺にも行きたいんですよね。
清水寺に行く日にちと被せればなんとかなるかな?
ああでも、九州大学へも遊びに行きたいしなぁ。。。
困ったな。

出雲大社と諏訪大社は秋に回すしかないかなあ。
でも秋には18切符が存在しない|||orz
別窓 | 箱庭 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

梅雨の中休みに

2008-06-12 Thu 22:26
IMG_1790.jpg

昨日までの土砂降りが嘘のように穏やかな天気でした。
ウチが育てているヒメユリが綺麗に咲いていました。クリックで画像が大きく。
宮崎県に自生している野生種のユリです。

通称、ヒュウガヒメユリ。
花の大きさは10cmほどと可愛いものです。
昔はその辺りの野原に生えていて、一面にこのユリが咲く光景も見られたそうです。
しかし、開発や乱獲等により激減。
今や絶滅危惧種です。

コレはそれの栽培増殖品。
要するに栽培したい人向けに維持、保存してある品種です。
なので、僕が勝ってに引っこ抜いてきた物ではないのでご安心を。



このユリが咲き誇る野原・・・それも今では幻想のもの。
別窓 | 箱庭 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

道端とか竹林で

2008-04-15 Tue 02:03
斑入りシロツメグサ

今年卒業された院生の先輩が大学の敷地内でみつけたもの。
斑入りシロツメグサ。いわゆる、クローバーです。
4つ葉がポケモンで言うところの3~4Vだとすると、斑入りはポケナビの使えないポケモンの色違いと同程度の珍しさと言ったところです。


あともう一個
ハルヤツシロラン

ハルヤツシロラン
ピンぼけしててすみませんorz
こんな地味な姿をしてますが、カトレアや胡蝶蘭と同じランの仲間です。いやほんと。
これも学校の敷地内にある竹林で発見。
見つけたのは、何を隠そうこの私(←

先日、鹿児島に居る院生の先輩が遊びに来られて、
その際に研究で必要だから探すのを手伝って欲しいと言われてみつけたのがこれ。
このハルヤツシロランは絶滅危惧種に認定されていて、開花期間が3日と短くおまけに小さくて見つけづらいので幻のランと呼ばれています。
おまけに面白いのが、植物なのに光合成をするための葉緑素を一切持っていないという特徴があります。
ランはラン菌と呼ばれる微生物と共存していて、普通のランは光合成とラン菌から栄養を貰うことで成長していますが、このハルヤツシロランは一生の大半を地下で生活し、栄養分は全てラン菌に依存して成長します。
そして、花を咲かせる時だけ地上に姿を現します。
なんかセミみたいですね~。

世の中、こんな珍妙な植物もあるんだなぁと言う事で。
別窓 | 箱庭 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

春ですよー

2008-03-16 Sun 11:34
IMG_1708.jpg

カテゴリを追加しました。
ちょいと、自分の育てている植物をブログに書いてみようかなと。
春ですし(

画像の花は、青いチューリップとして有名な
「アルバ コエルレア オクラータ」ってな長い名前の種類です。
品種改良される前の原種なので、普通のチューリップよりも凄く小さいです。
かわいい。

本物はちょっと赤み掛かってます。
ええもう、デジカメ補正とか言うやつです(画像加工はしてませんよ)
クリックで画像が大きくなります。

もう少し背丈が高くなるはずだったのですが、
就活で居ない時に、水を十分にあげられなかったのが原因かもしんない。
別窓 | 箱庭 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

| 雑草記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。