日常を垂れ流しているだけのMHF-G中心の日記。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

劇場版 灼眼のシャナ

2007-09-25 Tue 23:33
IMG_1608.jpg

劇場版シャナが実家から送られてきました。
向こうで見終わったため払い下げられてきたものです(何

画像はパッケージと、デジパックです。
パッケージはのいぢ先生による新規書き下ろしですね。
やっぱ、この絵好きやわ~(´ω`*)
デジパックのは・・・見た事あるような無いような・・あれれ?(

中身はこんな感じ(クリックで拡大)↓
IMG_1610.jpg

劇場版、ディレクターズ版、特典の3枚組です。
デジパックの裏側にはフリアグネが描いてあります。

全体的なストーリーですが、予告通り原作1巻を忠実に再現してありました。
劇場版だけあって日常面はシャナと悠二の出会いを中心に最低限に抑えてありましたが、悠二がシャナに意見したり反抗したり、マージョリーに食って掛かったりと原作以上に男らしかったです。

戦闘面も満足の一言。
格闘戦に爆発炎上、原作の戦闘シーンをこれでもかと言わんばかりに再現されていました。
原作には居ないマージョリーを参戦させ、仕事人のシャナと殺し屋のマージョリーといった感じで、双方のやり方や考え方の違い等をうまく対比させてありました。
また、フリアグネ戦での共闘も見事で、原作ではありえない光景が違和感無く繰り広げられます。

そして、フリアグネ戦のラスト。
TV版では話の展開上、変更されていたあのシーン。
原作フリアグネ戦最大の見せ場とも言うべきアラストールの顕現が!!
天地全てを紅蓮の炎に染め、アラストールが顕現する光景に鳥肌が立ちまくりでした。
顕現したアラストールのデザインが予想していたのに非常に近かったのにも感動。
ほんと、このシーンをどれほど動画で見たかった事か(涙


全体的に、原作一巻をまとめつつもただ総集編にするのではなく、一つの話として組み立て直した上で完結させてあり、この作品単独でも非常に楽しめる内容でした。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<眠ってしまえば無抵抗!! | 雑草記 | ななついろ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雑草記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。