日常を垂れ流しているだけのMHF-G中心の日記。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

道端とか竹林で

2008-04-15 Tue 02:03
斑入りシロツメグサ

今年卒業された院生の先輩が大学の敷地内でみつけたもの。
斑入りシロツメグサ。いわゆる、クローバーです。
4つ葉がポケモンで言うところの3~4Vだとすると、斑入りはポケナビの使えないポケモンの色違いと同程度の珍しさと言ったところです。


あともう一個
ハルヤツシロラン

ハルヤツシロラン
ピンぼけしててすみませんorz
こんな地味な姿をしてますが、カトレアや胡蝶蘭と同じランの仲間です。いやほんと。
これも学校の敷地内にある竹林で発見。
見つけたのは、何を隠そうこの私(←

先日、鹿児島に居る院生の先輩が遊びに来られて、
その際に研究で必要だから探すのを手伝って欲しいと言われてみつけたのがこれ。
このハルヤツシロランは絶滅危惧種に認定されていて、開花期間が3日と短くおまけに小さくて見つけづらいので幻のランと呼ばれています。
おまけに面白いのが、植物なのに光合成をするための葉緑素を一切持っていないという特徴があります。
ランはラン菌と呼ばれる微生物と共存していて、普通のランは光合成とラン菌から栄養を貰うことで成長していますが、このハルヤツシロランは一生の大半を地下で生活し、栄養分は全てラン菌に依存して成長します。
そして、花を咲かせる時だけ地上に姿を現します。
なんかセミみたいですね~。

世の中、こんな珍妙な植物もあるんだなぁと言う事で。
スポンサーサイト
別窓 | 箱庭 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<G級に突入 | 雑草記 | 物欲センサー絶賛発動中>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雑草記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。