日常を垂れ流しているだけのMHF-G中心の日記。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

イワガラミ探しに行ってみた

2013-06-25 Tue 20:43
こんばんわ、アルスです^-^
ここ最近繁忙期になったので忙しい毎日ですw
今日はお休みだったので、ちょいと前から気になっていた
植物を探し求めて市内を走り回ってみましたw


タイトルにもしているように、探していたのはイワガラミという植物
分類は、アジサイ科イワガラミ属の落葉登木
(旧分類 ユキノシタ科アジサイ亜科イワガラミ属)

気根という吸盤みたいなもので樹木や崖、コンクリート壁をよじ登る
アジサイ科では数少ないツル性の植物です。
名前の由来は岩にすら絡みつくという事から、イワガラミ(岩絡)

日当たりの良い開けた山地やその樹上、もしくは林道沿いに生育している事が多いみたいで
5月下旬から6月上旬にかけて、ガクアジサイに似た白い花を咲かせます。
咲いてないとたぶん分からないw

海外ではツルバラみたいにアーチ状に仕立てたり、
カーテン状に仕立てたりと結構一般的な植物らしいですね。
日本では最近までほとんど見向きもされなかったっていう・・・
色変わりで赤花、斑入り葉等の変異種が見出されているとのこと
赤花は日本種のイワガラミと中国種のイワガラミとあるそうで区別は困難らしい
挿し木すれば簡単に増えるそうですよ!

闇雲に探してもしょうがないので、目撃情報のある青葉山近辺を探索!
麓では中々見つからず、上を目指す事に
松尾寺前を通過したと思った矢先にイワガラミを発見!
急に視界に飛び込んできたのでびっくりしましたw
イワガラミ01 

イワガラミ02
アジサイと違い、装飾花が1枚なのが最大の特徴
近縁種にツルアジサイがあるけど、ツルアジサイの装飾花は3~4枚
花が咲いていたら容易に区別ができます
咲いてなかったら、判別は慣れないと難しいかも・・・

イワガラミ03
これが株の全体像

そのまま更に道を先に進むと・・・
イワガラミ04
枯れ木に絡みつく、立派なイワガラミを発見!
しかし場所が墓場っていうね・・・ちゃんと断って撮影させて頂きました

イワガラミ05
見上げてみた


更に道を先に進むともう一本!
イワガラミ06
こちらは装飾花が黄ばんでいました。
調べたところによると、開花後に装飾花は黄色くなり残るとのこと


たまーに、こういうアホな事をしたくなるんですよねw
そんなこんなで、休日の午前中を潰しましたとさ
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<G級装備できたー! | 雑草記 | 英語版って初めて聞いた>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雑草記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。